地籍管理システム
地籍データの高度な利用を支援します。地籍図単位で分割された筆を自動的に結合し、全町、全市単位のシームレスな地籍集成図データベースを構築します。新規入力・異動処理機能、道路拡張計画などに用いられる仮分筆機能、地目別色分け、字単位の地目分布円グラフや、各種図面・調書の出力をサポートします。
データベース構造の拡張が随時可能ですので、様々な用途に筆界データを活用することができます。

施設管理システム-上水道
管路図・給水戸番図・給水台帳・現場写真・文書などの各種情報を一元的に統合管理し、水道施設の保全管理業務を始めとして水道行政全般にわたる効率化、高度化を目的としています。 水道データベースは、用途ごとに分類された弁栓・管路・給水設備、使用者情報などで構成され、用意された豊富な機能によって活用されます。中でも断水シミュレーション機能は、緊急時の即時対応・計画断水の検討を可能とします。

道路台帳管理システム
従来表現が難しかった道路台帳情報(区間・路線・橋梁・踏切等)をGeoConceptの多様な機能、表現力で管理します。台帳属性情報より位置の検索、延長・面積等の数量集計や、集計調書、個別調書、異動調書を作成し出力することが可能です。
道路台帳管理ツールとして検索・集計・表示制御・データ更新/編集・調書作成出力・図面作成出力機能を装備しています。

農用地管理システム
農用地管理システムは農業の活性化を支援するオールラウンドなマッピングシステムです。農用地管理に必要な基本機能として、農家管理および土地管理機能が標準で準備されています。システムの機能拡張性も工夫されています。またマッピングシステムで課題となるデータ入力機能も工夫されており、データ入力・更新が簡単にできます。

インテリジェント標識(シビルマーカー)
を利用したGISシステム
GeoConceptとインテリジェント標識(シビルマーカー)を組み合わせる事により、用地の位置座標・地下埋設施設の情報などあらゆる属性情報を取り込む事ができ、地図とリンクする事により現在位置情報と標識情報が瞬時に現地で確認が可能な今までにないGISシステムです。

文書・図面管理システム
GeoConceptをフロントに、土地や工事に関するデータ管理の統合化を図るシステムです。工事竣工図・工事日報・管理台帳・写真などのドキュメントやイメージデータの情報検索・表示・印刷が可能になり、特に地図情報が中心となる水道・ガス・電気工事等の工事管理に適するシステムです。

地盤情報システム
GeoConceptを核にして、蓄積された膨大なボーリングデータ、土質定数等の情報をデータベース化し、必要に応じて検索・抽出・加工が可能なシステムです。
画面上より地図検索、絞り込みを行うことによって簡単に目的のボーリングポイントが見つかります。ポイントをクリック(単数或いは複数)することにより、断面図、土質柱状図、土質試験結果一覧等の各種図表を表示・印刷出来ます。